マウス

パソコンを使う際に必ず使うのは『マウス』です。

名前の由来は見た目がネズミに見えたからだそうです。

パソコンでスクラッチなどのビジュアルプログラミングを行う際にはマウスを使う必要があります。

マウスの操作は直感的でわかりやすいですが最初のうちは聴き慣れない単語がでてくるので少し混乱するかもしれません。

慣れてしまえば何も難しいことはありませんのでしっかりとおさえておきましょう。

この記事ではマウスの基本的な操作の仕方を説明していきます。

また余談ですがパソコンの操作に慣れてくるとなるべくマウスは触りたくなくなってきます(笑)

キーボードだけで全ての操作を終わらせたくなってくるんです。

カーソル

画面に出てくる矢印のマークのことです。

マウスを動かすとカーソルも一緒に動かします。

画面上のカーソルを動かしたい対象に向けるなどをすることでパソコンを操作します。

クリック

マウスのボタンを押すことをクリックといいます。

マウスは右と左でクリックできる箇所が分かれています。

基本的に選択や移動などをする時に使うのは左クリックです。

何か補助的な機能、メニューを開くなどの時には右クリックが使われます。

左利きの人は設定から左右を逆にすることも可能です。

ダブルクリック

左クリックを素早く2回連続でクリックすることです。

『素早く』というところがポイントです。

ある程度、素早くしないとダブルクリックと認識してくれないので気をつけましょう。

ドラッグ

マウスを左クリックしたままの状態でカーソルを移動させることをいいます。

画面上のアイコンを移動させたり、スクラッチではブロックを移動することに使います。

スクラッチでは必ず使うことになりますのでしっかりと身につけておきましょう。

ドラッグ・アンド・ドロップ

ドラッグをして移動させた後に任意の場所で話すことを言います。

スクラッチでいうと左のブロックを選択してドラッグしてプログラミングエリアで話すようなことをいいます。

最初は難しいかもしれませんが何度も練習して慣れておきましょう。

おすすめの記事